互換ソフトのメリット

パソコン互換性とは、一つの製品に対して、部品などを他のものに置き換えても同じように動作させることができる性質のことを指します。現在、AUTO CADとの互換性を持ったソフトウェアが、増えてきています。AUTO CADの互換ソフトを使うにあたり最もメリットとなるのが、「コストが抑えられる」ということです。AUTO CADだけでなく、多くのCADソフトで、パソコン1台につき1ライセンスとなっています。つまり、企業に導入する場合には、AUTO CADを使うパソコンの台数分の料金を支払わなければなりません。大手企業になればなるほどパソコンの台数が増えるので、コストも多くかかります。さらにAUTO CADはバージョンアップにもお金がかかり、最低3年に一度のバージョンアップが必要になります。

互換ソフトでも、パソコン1台につき1ライセンスというのは変わりませんが、1ライセンスの価格が安くなるので、全体の導入コストも抑えることができます。さらに、作業効率がよくなる互換ソフトもあるため、現在AUTO CADの互換性ソフトを使う企業は世界中で増えてきているのです。

もう一つ、AUTO CADの互換ソフトを使うメリットがあります。それは、「使いやすさ」です。AUTO CADは、日々新しい機能が追加されていきます。もちろん、作業効率がよくなるようにと新しい機能が追加されていくのですが、人によっては古い機能の方がよかったという方もいらっしゃいます。そんなとき、互換ソフトなら、新機能と旧機能を両方とも使用できるようにすることができるのです。

AUTO CAD

CADコンピューターを使って設計支援をしてくれるツール、「CAD」。機械、建築、土木、電気の回路や基盤、さらに服飾デザイン、配管など、広い分野の設計で使われています。CADは、図面を作るときに手書きよりも簡単に製図することができます。仕事が効率よく進み、かなりの時間短縮になります。

CAD自体は多くのソフトがありますが、その中でも最もスタンダードなものとして利用されているのが「AUTO CAD」です。AUTO CADでは2Dの図面のみならず、3Dの図面まで作成することが可能です。このAUTO CADの使い方さえ覚えれば、多くの企業で活躍できるとまで言われています。

多くのCADソフトがあるなかで、なぜAUTO CADが選ばれるのでしょうか?その理由の1つとして、多くの企業がAUTO CADを導入しているということが挙げられます。取引先とデータのやり取りをするとき、同じ図面でも違うソフトで作成した場合変換して送らなければなりません。そのため、AUTO CADを導入している多くの企業は、同じAUTO CADを導入しているところとしか取引はしないとしているところもあります。逆に、AUTO CADを導入している企業と取引がしたいがために、AUTO CADを導入する企業もあるのです。

もう一つの理由は、専用のアプリケーションが充実しているということです。AUTO CADはさまざまな分野の職業で使われていますが、職種に合わせてアプリケーションを選ぶことができ、さらに専門的な仕事ができるようになるのです。いろいろなCADがあるなかで、AUTO CAD専用のアプリケーションは最も種類が多く、自分に合ったアプリを見つけることができます。

作図をする仕事をしている人にとって、AUTO CADは非常に便利なソフトです。しかし、仕事効率も大切だけどコストも抑えたいという方も少なくないはず。そんな方におすすめなのが、AUTO CADの互換性ソフトウェアです。ここからは、そんな互換性ソフトウェアについてと、互換性ソフトウェアの選び方についてご紹介させていただきます。