互換ソフトのメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

パソコン互換性とは、一つの製品に対して、部品などを他のものに置き換えても同じように動作させることができる性質のことを指します。現在、AUTO CADとの互換性を持ったソフトウェアが、増えてきています。AUTO CADの互換ソフトを使うにあたり最もメリットとなるのが、「コストが抑えられる」ということです。AUTO CADだけでなく、多くのCADソフトで、パソコン1台につき1ライセンスとなっています。つまり、企業に導入する場合には、AUTO CADを使うパソコンの台数分の料金を支払わなければなりません。大手企業になればなるほどパソコンの台数が増えるので、コストも多くかかります。さらにAUTO CADはバージョンアップにもお金がかかり、最低3年に一度のバージョンアップが必要になります。

互換ソフトでも、パソコン1台につき1ライセンスというのは変わりませんが、1ライセンスの価格が安くなるので、全体の導入コストも抑えることができます。さらに、作業効率がよくなる互換ソフトもあるため、現在AUTO CADの互換性ソフトを使う企業は世界中で増えてきているのです。

もう一つ、AUTO CADの互換ソフトを使うメリットがあります。それは、「使いやすさ」です。AUTO CADは、日々新しい機能が追加されていきます。もちろん、作業効率がよくなるようにと新しい機能が追加されていくのですが、人によっては古い機能の方がよかったという方もいらっしゃいます。そんなとき、互換ソフトなら、新機能と旧機能を両方とも使用できるようにすることができるのです。