互換ソフトの選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

さまざまなAUTO CADの互換ソフトが販売されているなか、どのように互換ソフトを選べばよいのでしょうか?互換ソフトを選ぶときのチェックポイントをお話します。

チェックまずは、高い互換性です。AUTO CADを導入している企業が多いことから、仕事で取引先や顧客とAUTO CADの形式でやりとりすることもあるでしょう。そんなとき、AUTO CADのファイル形式が開けなかったり、修正ができなかったりすると、仕事に支障が出てしまいます。そのため、互換ソフトを選ぶときは、AUTO CADの形式となるDWGという形式に対応しているものを選びましょう。また、作成図面もAUTO CADのものを開けなければいけません。高い互換性を求めるために、とても重要なチェックポイントです。

次に、互換ソフトのオプションです。互換ソフトは、ファイル形式の互換性が高いものと、オプションの互換性が高いものに分けられます。機能がありすぎてもシンプルすぎても使いづらいので、1番良いのは、AUTO CADと似ているものを選ぶことです。また、使う人によって、必要なオプションが違うので、自分が使いたいオプション機能がついているかどうかもチェックしましょう。

そして最後に、使う人が「使いやすい」と感じるかどうかです。大前提として、自分や会社のパソコンに対応しているかどうか、そして、動作が重くないか、ソフト自体が使いやすいかどうかをチェックして、使いやすい互換ソフトを選びましょう。